業者の仕組みと注文の流れ

男女

メーカーも色々ある

最近既製品のTシャツではなく、自作のデザインを施したオリジナルのTシャツを作成する人が増えています。そうしたオリジナルTシャツを学校の部活の仲間で着用するケースも多く、部活Tシャツとして人気があります。こうした部活Tシャツは、どのようにして作成すればいいのでしょうか。部活Tシャツを専門の業者に作成してもらいたいなら、服飾のプリントサービスを行っているメーカーに依頼します。こうしたメーカーでは予め、Tシャツやトレーナーなどのアイテムが幾つか用意されています。そこにオリジナルのデザインをプリントする事で、オリジナルの部活Tシャツを作成する仕組みになっています。現在衣服へのプリント方法は複数ありますが、メーカーによって導入している機械の違いなどから、利用できるプリント方法は異なってきます。また自社工場で自前でプリントしているメーカーもあれば、デザインの受注だけでプリントは外部の工場に委託しているメーカーもあります。大まかな注文の流れとしては、以下のようになります。インターネット上に複数存在するメーカーから、気になったところをピックアップし、土台となるTシャツをチョイスします。Tシャツのカラーや数量、そしてデザインの印刷方法と位置などを決めたら、デザインデータの入稿を行います。デザインデータについては、オンライン上でデザインツールを用いて作成する方法と、完全オリジナルのデザインをアップロードする方法があります。写真やイラストなどを挿入したい場合には、アップロードできる画像データはメーカーによって異なる点に注意してください。完成イメージが希望通りになったら、必要事項を確認して注文します。その後プリントアウトされたTシャツが出荷され、手元に届きます。

Copyright© 2018 飲食店の制服の作成を頼もう【業者の比較が大切】 All Rights Reserved.